冷水シャワーの効果とメリット・デメリット。海外で人気のアイスバスとの違いも解説。

ダイエット(Diet)
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

今回は、私も実践している健康のひとつ、コールドシャワーの魅力と、そのメリット、デメリットについて、ご紹介致します。

また、昨今ではインスタグラムなどで流行しているアイスバスとの違いや共通点についても、あわせて解説いたします。

この記事が、みなさまのお役に立てば、嬉しいです。

【引き締まったカッコいいカラダで最高の人生を手に入れる脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

冷水シャワーのメリット・デメリット

冷水シャワーにはいくつかの健康効果がありますが、同時に注意が必要なデメリットも存在します。以下に、冷水シャワーの主なメリットとデメリット、そしてそのやり方について説明します。

メリット:

  1. 新陳代謝の促進:
    • 冷水シャワーは体温を急激に下げ、新陳代謝を活性化させます。これにより、エネルギーの消費が増加し、基礎代謝が向上する可能性があります。
  2. 血行促進:
    • 冷水にさらされることで血管が収縮し、その後拡張する効果があります。これにより、血行が促進され、全身の血流が改善される可能性があります。
  3. 筋肉のリカバリー:
    • 冷水シャワーは筋肉の炎症を抑制し、筋肉のリカバリーを助けるとされています。特に運動後に行うと効果的です。
  4. ストレス軽減:
    • 冷水のショックは交感神経を刺激し、ストレスホルモンの分泌を抑制するとされています。これにより、リラックス効果が期待されます。
  5. 皮膚と髪の健康:
    • 冷水は毛穴を引き締め、肌を引き締める効果があります。また、髪のツヤを保つのにも寄与します。

デメリット:

  1. 冷傷のリスク:
    • 長時間または極端に冷たい水で体を冷やすと、冷傷(しもやけ)のリスクがあります。特に寒冷地域や冷たい季節には注意が必要です。
  2. 心臓への負担:
    • 極端な冷水シャワーは心臓に負担をかける可能性があります。心臓病や血行障害を抱える人は注意が必要です。
  3. 呼吸の浅さ:
    • 冷水に浸かることで呼吸が浅くなりがちです。これが続くと、酸素供給が減少し、めまいや息切れが生じる可能性があります。

冷水シャワーのやり方

冷水シャワーのやり方:

  1. 段階的に開始:
    • 極端に冷たい水から始めず、まずはぬるめの水から始めて、徐々に冷たい水に慣れていきます。
  2. 身体全体に浴びる:
    • 冷水を全身にかけることで、全身の血行を促進することができます。特に首や脇の下、足首など重要な部分にも注意を払います。
  3. 時間を制限:
    • 初めての冷水シャワーでは時間を短くし、慣れてくるまで徐々に時間を延ばしていきます。数分から始め、徐々に長くしていくと良いでしょう。
  4. 運動後に:
    • 運動後に冷水シャワーを浴びると、筋肉のリカバリーが期待できます。しかし、急激な冷却は避け、程よい冷水で行います。

冷水シャワーは体に様々な効果がありますが、個人の健康状態や感受性によって異なるため、無理なく行うことが重要です。特に持病や健康上の問題がある場合は、医師と相談することをお勧めします。

【引き締まったカッコいいカラダで最高の人生を手に入れる脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

冷水シャワーとアイスバスの違いと共通点

冷水シャワーとアイスバスは、いずれも冷却効果を利用して体に様々な効果をもたらすことを目的としていますが、その方法や利点にはいくつかの違いがあります。以下に、冷水シャワーとアイスバスの主な違いを説明します。

冷水シャワー:

  1. 方法:
    • 冷水シャワーは、通常のシャワーで冷たい水を使って体を浴びるものです。水温は冷たいが、バスタブやプールのように水に浸かるわけではありません。
  2. 利点:
    • 新陳代謝の促進
    • 血行の向上
    • 筋肉のリカバリー
    • ストレスの軽減
    • 皮膚と髪の健康向上
  3. リスク:
    • 長時間の冷水シャワーは冷傷のリスクがある。
    • 心臓に負担をかける可能性がある。

アイスバス:

  1. 方法:
    • アイスバスは、浴槽やバケツなどに氷水を用意し、体を完全に浸けることを含みます。水温は通常非常に低い。
  2. 利点:
    • 血管を収縮・拡張させ、血行を促進
    • 筋肉の炎症を抑制し、リカバリーを助ける
    • リラックス効果があり、ストレスの軽減
    • 疲労回復
  3. リスク:
    • 長時間の氷水浴は冷傷のリスクがある。
    • 寒冷水に浸かることで急激な心拍数上昇が起こる可能性がある。

共通のポイント:

  1. 時間管理:
    • どちらも時間を制限して行うことが重要。過度な冷却は体に負担をかける可能性がある。
  2. 注意事項:
    • 心臓病や血行障害を抱える人は慎重に行うべきであり、必要ならば医師に相談すること。
  3. 運動後の活用:
    • 特に運動後に行うと、筋肉のリカバリーや疲労回復に効果的。
  4. 個人差:
    • 個人の感受性や健康状態によって、どちらが適しているかは異なる。体調や反応に敏感に注意することが大切。

冷水シャワーとアイスバスは、それぞれ異なるアプローチを用いながらも、体温を下げることで得られる効果が共通しています。どちらも程度を守りながら行うことで、リフレッシュや健康促進に寄与できるでしょう。

以上、如何だったでしょうか。

この情報が、少しでも多くの方のお役にたてば、嬉しい限りです。

最後まで、この記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。

下記の「ダンベル」、または「筋肉」を押して応援して頂けると、とても励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

アメリカで筋トレするブログ - にほんブログ村

さいごに、ユーチューブ「ゆのゆわUSAチャンネル」の登録も、よろしくお願いします。

ゆのゆわUSAチャンネル
こんにちは‼︎ゆのゆわUSAにお立ち寄りいただきありがとうございます!!アメリカ在住Yuno(9さい)、Yuwa(7さい)です!2019年4月から家族でアメリカに住んでいます。アメリカ生活、旅行の動画がメインのチャンネルになります。動画撮影、編集共に初心者ですが、試行錯誤しながら日々チャレンジしています!アメリカ在住歴...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました