アメリカで人気の職業トップ10と平均年収

アメリカ生活(Life in U.S.)
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

アメリカの労働市場は多様で、様々な職業が高い需要を誇っています。

以下は、2022年時点でのアメリカで人気の職業トップ10と、それぞれの平均年収についての情報です。

あくまで、米国全土の平均年収を掲載していますので、一部地域によってはこれよりも年収が大幅に高くなったり、低くなったりすることもあります。

アメリカで働くことに興味がある方や、転職を考えている方、また自分のこどもが将来どんな職業に就いたらよいかなどを考える参考になるのではないでしょうか。

この記事が、みなさまのお役に立てば、嬉しいです。

【引き締まったカッコいいカラダで最高の人生を手に入れる脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

1. ソフトウェア開発者

テクノロジーの進化に伴い、ソフトウェア開発者の需要が急速に拡大しています。アプリケーション開発やウェブ開発など、様々な分野で活躍するソフトウェア開発者は高い収入と、安定した雇用を享受しています。ただし、業界として人材の入れ替わりも激しいため、実力社会の側面が大きく、企業が業績の浮き沈みによりレイオフを大胆に行うこともあるため、常に企業に必要とされる人材であることが求められます。

ソフトウェア開発者は、テクノロジーの中心的存在であり、平均年収は約$120,000から$140,000程度です。

2. データサイエンティスト

ビッグデータの解析と活用が重要視される中、データサイエンティストの需要が急増しています。企業はデータから洞察を得ることで戦略的な意思決定を行い、競争力を維持しています。データサイエンティストは近年、需要が増えてきている職業で、大手企業も積極的に採用を進めている職種の一つです。ただし、データを分析する仕事はAIへの置き換わりが進んでいく分野でもあるため、データを分析した上で、それらをもとにした戦略立案・実行までが求められる、よりクリエイティブな仕事に進化しつつある分野です。

データサイエンティストは、ビッグデータを解析し、平均年収は約$110,000から$130,000程度です。

3. 医療専門職(看護師、医師)

医療分野は常に需要があり、看護師や医師は特に高い需要を誇っています。人口の増加と高齢化に伴い、医療サービスへのニーズが増えています。また、アメリカでは医師やナースの勤務形態も柔軟で、アルバイトで看護師を週に数日だけ行っている方もたくさんいます。昨今では、需要が供給に追いつかずに、年収も上昇傾向が強くなっており、アメリカでも人気の職業のひとつです。

医療関連の職業は高い需要があり、看護師の平均年収は約$70,000から$90,000、医師の平均年収は$200,000以上です。

4. ソーシャルメディアマネージャー

企業のオンラインプレゼンスがますます重要視される中、ソーシャルメディアマネージャーは企業やブランドのSNS戦略を担当し、顧客とのコミュニケーションを促進しています。大手企業でも、ソーシャルメディアマネージャーのポジションを置いている企業が増えてきており、これからも需要がある職業の一つです。企業イメージのアップ、採用面での競争力強化、商品自体の紹介など、業務内容は多岐に渡り、重要性が増してきている職種の一つです。

ソーシャルメディアマネージャーは企業のオンラインプレゼンスを担当し、平均年収は約$60,000から$80,000程度です。

5. 人事担当者

採用や人事管理が企業の成功に直結するため、人事担当者の需要が高まっています。優れた人材の確保や、職場の効率的な運営をサポートする役割が期待されています。アメリカでは雇用が強く、失業率が記録的に低い状態が継続しており、HR担当者自体の採用競争率も高くなっており、強い需要があります。人事はどの企業でも通用する汎用性のあるスペシャリティのため、キャリアの一つとして人気のある職種です。

人事担当者は企業の採用や労務管理を担当し、平均年収は約$50,000から$70,000程度です。

6. サイバーセキュリティアナリスト

サイバー攻撃の脅威が増加する中、情報セキュリティの専門家であるサイバーセキュリティアナリストはますます必要とされています。企業や組織のデータを守り、サイバー攻撃からの防御に従事します。企業はこれらの仕組みや業務を専門会社にアウトソーシングするパターンもあれば、自社に担当者を置いて、セキュリティ強化に向けた施策を積極的に推進している企業もあり、サイバーセキュリティアナリストの需要は専門的な会社以外でも、強い需要があります。

サイバーセキュリティアナリストは情報セキュリティを担当し、平均年収は約$90,000から$110,000程度です。

7. 建築家・建築技師

建設プロジェクトが増加している中、建築家や建築技師の需要が拡大しています。持続可能な建築や都市計画に携わるプロフェッショナルが重宝されています。日本と同じく、個人の建築家もいれば、ゼネコンやハウスメーカーなどで勤務する形態の働き方も一般的です。アメリカは高いGDP成長率を誇っており、継続的に高い需要が見込める仕事の一つと言えます。

建築関連の職業は需要があり、建築家や建築技師の平均年収は約$80,000から$100,000程度です。

8. 教育関連職(教師、教育コンサルタント)

教育は社会において重要な役割を果たしており、教育関連職の需要は安定しています。教師や教育コンサルタントは知識を共有し、学習の支援を行います。教育関連職と言っても幅は広く、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学の教師に加え、日本でいう家庭教師に該当するようなチューターや、勉強も見ながら子供のお世話もするベビーシッターのような形で個人で生計を立てている人も多くいます。

教育関連の職業は安定しており、教師や教育コンサルタントの平均年収は約$50,000から$70,000程度です。

9. 環境エンジニア

環境問題への対応が求められる現代において、環境エンジニアは環境への影響を最小限に抑えるための技術的な解決策を提供しています。近年では、カーボンニュートラルに積極的に取り組む企業が増えており、環境エンジニアの役割は、ますます重要になってきています。

環境エンジニアは環境問題に取り組み、平均年収は約$70,000から$90,000程度です。

10. ファイナンシャルアナリスト

企業や個人の財務状況を分析し、戦略的な投資や資産管理をサポートするファイナンシャルアナリストは、金融分野で重宝されています。アメリカでは、日本のように貯金をする文化がなく、計画的にお金を使うことに長けていない人口を多いため、それらを個人を支援するファイナンシャルアナリストの需要も、高い傾向にあります。また、富裕層を相手にしたアナリストや、企業で働くアナリストなど、そのサービスの対象は、多岐に渡ります。

ファイナンシャルアナリストは企業や個人の財務を分析し、それらの改善の提案を行う職種で、平均年収は約$70,000から$90,000程度です。

【引き締まったカッコいいカラダで最高の人生を手に入れる脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp


これらの職業はそれぞれ異なるスキルや専門知識が求められますが、アメリカでの求人市場において特に注目を集めています。将来的なキャリア選択の際には、自身の興味やスキルに合わせて検討することが重要です。

また、これらの数字は一般的な平均値であり、地域や経験によって異なる場合があります。将来的なキャリア選択の際には、さまざまな要因を考慮して検討することが重要です。

以上、如何だったでしょうか。

この情報が、少しでも多くの方のお役にたてば、嬉しい限りです。

最後まで、この記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。

下記の「ダンベル」、または「筋肉」を押して応援して頂けると、とても励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

アメリカで筋トレするブログ - にほんブログ村

さいごに、ユーチューブ「ゆのゆわUSAチャンネル」の登録も、よろしくお願いします。

ゆのゆわUSAチャンネル
こんにちは‼︎ゆのゆわUSAにお立ち寄りいただきありがとうございます!!アメリカ在住Yuno(9さい)、Yuwa(7さい)です!2019年4月から家族でアメリカに住んでいます。アメリカ生活、旅行の動画がメインのチャンネルになります。動画撮影、編集共に初心者ですが、試行錯誤しながら日々チャレンジしています!アメリカ在住歴...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました