アメリカ人は転職を繰り返して、どうやって年収を上げていくのか。具体的な方法9選と一回当たりの年収アップ率をご紹介。

アメリカ生活(Life in U.S.)
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

アメリカ人は、転職を繰り返しながら、年収を上げていくことが一般的で、日本よりも転職に対して、とても寛容な文化があります。

一方で、アメリカで転職しながら年収を上げるためには、戦略的なアプローチや、スキルの向上が必須であり、一筋縄ではいかないのも、事実です。

今回は、アメリカで転職を通じて年収を上げるためのポイント9選として、ご紹介致します。

この記事が、みなさまのお役に立てば、嬉しいです。

【引き締まったカッコいいカラダで最高の人生を手に入れる脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

転職で年収をアップさせる方法9選

  1. 教育とスキルの向上:
    • 新しい職種や業界での経験やスキルを身につけるために、教育やトレーニングプログラムに参加することが重要です。資格や認定を取得することで、競争力を高めることができます。日本と同じで、資格が募集要項の一つになっていることがあったり、教育やトレーニングプログラムを受けた実績が買われ、採用に至るケースも少なくありません。転職する分野において、すでに経験やスキルを保有している場合は、その経験を武器に、そうでない場合は、資格やトレーニングの実績を武器に面接に挑みましょう。
  2. キャリアの計画:
    • 長期的なキャリアの計画を立て、目標を設定することは、重要です。自分の強みや興味を考慮し、どの分野で成長できるかを検討します。求められるスキルや資格に焦点を当てて、ステップアップを図ります。転職する際は、現在所属している企業の規模よりも大きな会社、今後成長が見込める企業を選びましょう。また、ポジションにおいては、現在マネージャーであれば、それよりも上のディレクターポジションを狙って転職を検討しましょう。
  3. ネットワーキング:
    • プロのネットワークを構築し、業界のリーダーや同僚との関係を強化します。ネットワーキングを通じて、新しい機会や情報にアクセスでき、転職先を見つける手助けになります。アメリカでよくあるパターンとして、上司が他の会社に転職し、その部下も上司が転職した会社に移るケースです。上司も勝手の知った仲間と一緒に仕事をする方が働きやすいため、このようなケースはよくあります。従って、社内において一緒に働きたいと思ってもらえているかどうかという視点は、とても重要です。また、社外のネットワークも、とても重要です。アメリカでは、個人的な繋がりやツテを使って転職することも少なくありません。すべての出逢いを大切にして、チャンスを掴みましょう。
  4. 職務経歴書の最適化:
    • 転職する際には、職務経歴書やLinkedInプロフィールを最適化しましょう。これにより、自分の強みや達成実績をアピールポイントとして強調し、新しい雇用主に訴えかけることができます。昨今では、社会人ネットワークに特化したLinkedInでの転職活動も一般的で、採用側も候補者をLinkedInのぺージを通じて見つけることも少なくありません。職務経歴書や、プロフィールページは、プロフィール写真や紹介文も含め、自分の能力や価値を正しく理解してもらうために、最適化しましょう。
  5. 求人リサーチ:
    • 求人市場をリサーチして、自分のスキルや経験が需要の高い職種や業界を見つけます。成長が見込まれる分野に焦点を当て、市場動向を把握しておくことが役立ちます。長期的な視点でキャリアを考える際には、自分の職種が将来AIに置き換わる可能性はないか、自分にしか出せない価値はなにか。という視点で、自らの市場価値がどこになるのかをよく検討しましょう。自らの市場価値を高めておけば、あとは転職を有利、かつスムーズに進めることができます。
  6. 面接の準備:
    • 面接に備え、自己分析や過去の成果について深く考えます。志望職種に関連する質問に備え、自信を持って回答できるようにトレーニングや模擬面接を行います。また、面接の内容もそうですが、日本人は特に、面接時の態度に気を付けて、自信を持って受け答えをすることを心掛けましょう。日本人にとっては謙虚な姿勢が、アメリカ人から見ると自信がないように見えるということは、よくあります。自分が準備した内容を、相手に自信を持って的確に伝えるようにしましょう。
  7. 交渉力の向上:
    • オファーを受ける際には、交渉力を発揮して、希望の給与や福利厚生を獲得することが大切です。市場価値を理解し、適切な水準で交渉することが、成功の鍵となります。転職は現在からの環境のステップを図る手段の一つであるため、決して妥協せずに、自分の要求はきちんと伝えましょう。不利な転職を行うと自分の市場価値自体を下げてしまうことになるので、条件の交渉にもしっかりと力を入れて取り組みましょう。
  8. 副業やフリーランス:
    • スキルや専門知識を生かして副業やフリーランス活動を行い、追加の収入源を確保することができます。また、これを通じて新しい経験やクライアントネットワークを構築することも可能です。副業の収入が大きくなり、本業の職種から副業の職種への転職を行うチャンスもあります。可能性を広く、大きく持っておくことは、キャリアの選択肢を増やすという視点で、とても有効なアプローチになります。また、昨今ではフリーランスが活躍しやすいプラットフォームも多く存在するので、そこで自らの実力やスキルを高めていくことも、キャリア形成のポイントと言えるでしょう。
  9. 効果的な時間管理:
    • 仕事やスキル向上に時間を充てるために、効果的な時間管理を心がけます。優先事項を設定し、時間を有効に使いながらスキルや経験を積み重ねましょう。また、現在の仕事をこなしながら、転職活動を進めることは、大きなエネルギーを要します。時間をうまく、効率的に使い、自らの市場価値を高めるための時間的投資を行いながら、実際の転職活動を進めるようにしましょう。


【引き締まったカッコいいカラダで最高の人生を手に入れる脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

一回の転職でどれくらいの年収アップを狙うのか。

アメリカ人の転職において、年収アップを狙う目標は個人差がありますが、一般的には10%から20%の年収アップを求めることがよく見られます。ただし、これはあくまで一般的な傾向であり、実際の目標は個々の状況や業界、経歴によって異なります。

転職に際して年収アップを求める主な理由には、代表的に以下のようなものがあります:

  1. 経験とスキルの成長: 新しい職場や職種での経験やスキル向上に対する評価として、年収アップを期待することがあります。
  2. 市場価値の向上: 求人市場での需要が高まり、自分のスキルや専門知識がより高く評価される場合、それに見合った年収を求めることが一般的です。
  3. 貢献度の評価: 現職での貢献度や成果が高いと認められ、それに見合った報酬を求めることがあります。
  4. 生活コストの変動: 居住地の変更や生活コストの変動に伴い、それに見合った収入を確保したいと考えることがあります。
  5. キャリアの進展: キャリアの次なるステップや職務の規模が大きくなる場合、それに見合った報酬を得ることが期待されます。

これらの要因により、転職において年収アップを求める目標は異なります。重要なのは、自分のキャリア目標やライフスタイルに合ったバランスの取れた年収を目指すことで、満足度を高めることができるでしょう。

以上、如何だったでしょうか。

この情報が、少しでも多くの方のお役にたてば、嬉しい限りです。

最後まで、この記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。

下記の「ダンベル」、または「筋肉」を押して応援して頂けると、とても励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

アメリカで筋トレするブログ - にほんブログ村

さいごに、ユーチューブ「ゆのゆわUSAチャンネル」の登録も、よろしくお願いします。

ゆのゆわUSAチャンネル
こんにちは‼︎ゆのゆわUSAにお立ち寄りいただきありがとうございます!!アメリカ在住Yuno(9さい)、Yuwa(7さい)です!2019年4月から家族でアメリカに住んでいます。アメリカ生活、旅行の動画がメインのチャンネルになります。動画撮影、編集共に初心者ですが、試行錯誤しながら日々チャレンジしています!アメリカ在住歴...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました