アメリカの職場で、苦手なキーマンとの距離を縮める方法。

考え方(Mindset)
スポンサーリンク

職場での人間関係構築は、人生におけるストレスの軽減、及び仕事を通じた自己実現、という視点において、とても重要です。

これは、アメリカでも、日本でも、共通する課題だと、思います。

本日は、「アメリカの職場で、苦手なキーマンとの距離を縮める方法」と題しまして、私が日本の職場、及びアメリカの職場の両方で実践して、効果のあった方法について、ご紹介いたします。

チームで力を合わせて働いている
スポンサーリンク

苦手なキーマンと距離を縮める方法

方法は、至って簡単です!

それは、苦手なキーマンとの、「接触頻度を上げる」ことです。

私は、この接触頻度の目標を「毎日」に設定して、今まで苦手なキーマンを克服してきました。

「キーマン」は、自分の上司でも、他社・他部門の目上の人でも、誰でもOKです。

チームで力を合わせて働いている

特に、自分が若手社員の頃は、この方法で活路を見出すしか、方法がありませんでした。

わたしは、企画部門に所属していたため、関係部門の目上の方と仕事をする機会が多かったですが、苦手なキーマンとの距離を近づけることが、仕事をスムーズに進める上で、必須でした。

そのような状況下で、色々考えて辿り着いた方法が、 苦手なキーマンとの「接触頻度を上げる」方法でした。

職場で働いている様子

具体的な方法

・まず、「苦手、もしくは距離を縮めたいと考えているキーマン」の名前を、書き出しましょう。

・名前を書き出したら、その人達と、1日に1回は、内容は何でも良いので、会話するようにしましょう。

 *会話が難しければ、はじめは、挨拶だけでもOKです。

・あとは、これを距離が縮まるまで、続けるのみです。

 私の感覚では、2-3ヶ月のうちに、苦手意識が消えているはずです。

パソコンでキーマンの名前を書き出している

「苦手、もしくは距離を縮めたいと思っているキーマン」とは、接点がなかったり、恐怖心があったり、苦手と感じていたりするはず。

知らず知らずのうちに、コミュニケーションを取らずに、遠ざけてしまっているのではないでしょうか。

そこで、この単純な方法で、自分にノルマを課すことにより、物理的な接触頻度を上げることで、距離を縮めていくことが、可能になります。

実際、私が若手社員の頃は、この方法で、苦手なキーマンとの距離を、縮めてきました。

会社のメンバーと仲良し

この方法は、はじめは気持ち的にかなりしんどいですが、続けているうちに、距離が縮まってきて、だんだんとラクになってきます。

、、、

そうです。

はじめの一歩が、一番しんどいのです。

この記事を読んでいただき、名前を書きだした時点で、あなたと 「苦手、もしくは距離を縮めたいと思っているキーマン」 との距離は、縮まり始めたと言って、良いでしょう。

人生を通じて多くの時間を費やす職場が、あなたにとって居心地の良い場所になれば、最高にハッピーですね。

最高にハッピーな女の子

大切にしたい考え方

【相手の関心に関心を持つと、人間関係が劇的に良くなる話】

「相手の関心」に関心を持つと、人間関係が劇的に良くなる話。
この記事を読んでいただくと、人間関係が劇的に良くなる考え方を知ることができます。

【習慣の力を味方に付けよう】

【自分が出来ることにフォーカスしよう】

【年齢を重ねると時間が経つのを早く感じる?】

最後まで、この記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。

下記の「ダンベル」、または「筋肉」を押して応援して頂けると、とても励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

アメリカで筋トレするブログ - にほんブログ村

さいごに、ユーチューブ「ゆのゆわUSAチャンネル」の登録も、よろしくお願いします。

ゆのゆわUSAチャンネル
こんにちは‼︎ ゆのゆわUSAにお立ち寄りいただきありがとうございます!! アメリカ在住Yuno(7さい)、Yuwa(5さい)です! 2019年4月から家族でアメリカに住んでいます。 アメリカ生活、旅行の動画がメインのチャンネルになります。 動画撮影、編集共に初心者ですが、試行錯誤しながら日々チャレンジしています...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました