アメリカで車検は不要!代わりに必要なエミッションテストを徹底解説!

アメリカ生活(Life in U.S.)
スポンサーリンク

皆様、こんにちは。

本日は、アメリカに住むとなると、余程の都会でない限り、必ず必要となる車の「車検」に関するお話です。

「車検」と言っても、私の住んでいる州では、車検はなく、エミッションテストと呼ばれる排ガステストの受験(毎年)のみとなっています。

日本では、車検となると多額の費用が掛かる自動車における一大イベントですが、アメリカでは毎年の恒例イベントということで、その内容や対応方法について、ご紹介させて頂きます。

アメリカのエミッションテスト

排ガステストは、上記のような施設で受けることになります。

ガソリンスタンドに併設されていたり、整備工場に併設されていたりと、テストを受けることが出来る場所については、困らないレベルでアメリカ全土に乱立しています。

最も簡単な探し方は、Googleマップで「Emission test near me」で検索する方法です。

検索結果から、Googleマップの口コミ等で評価の高い施設で受講するか、知り合いに良い施設を聞いて、受験することをオススメ致します。

私は、近所の排ガステスト場に毎年行っていますが、Googleマップ場は営業中になっていても、店主の都合でよく閉まっていたりします。

でも、その当たりはアメリカではよくある話なので、ご愛嬌ということで、何度かそのような経験をしていますが、引き続き同じ排ガステスト上に通っています。

エミッションテストの頻度ですが、私の住んでいる州では、エミッションテストは年に1回ですが、州によって違うようです。

下記のサイトでは、カリフォルニア州は2年毎、と紹介されていました。

アメリカに車検制度は、ある? ない? | ガリバーインターナショナル USA ブログ
日本で言う"車検"正式名称は「自動車検査登録制度」。検査項目も多く、日本全国統一の適合規準が設けられていますね。 アメリカには車検が無いと聞いた事がある方もいるかもしれませんが・・・半分正解です。 日本の様な統一の多項目適合規準、税金や保険も混ぜ込んだ車検制度はなく、あくまでも車両状態を調べる為の検査があります。検査内...

この排ガステストですが、毎年、自分の誕生月の2ヶ月前ほどになると、テスト受講のための案内レターがお住まいのカウンティの税金部門から届きます。

2021年度については、1997年製から2018年製の車が排ガステストの対象となります。

最新年度のモデルから3カ年分の車については、排ガス性能が落ちていないだろうということで、テスト対象から除外してくれているようです。

また、当案内と同封されて、タグ更新に関する案内が送付されてきます。

アメリカの車が道路を走っている様子

タグとは、日本でいう「ナンバープレート」のことで、下記手順を踏むことで、タグの更新が完了します。

①排ガステスト対象車の場合は、排ガステストを受ける。

②タグの更新手続きを行う。(手数料をインターネット、または郵送で支払う)

③タグに貼るステッカーが自宅に送付されてくるので、そのステッカーをタグに貼って、完了。

手数料の支払いについては、排ガステストを完了すると、その情報が排ガステストを受けた施設からカウンティに届き、更新手続き(手数料の支払い)が可能となる仕組みのようです。

私自身も、毎年、自分の車と、妻の車の2台分の手続きを行っていますが、いつもどうやってやるのか忘れてしまい、手続きに少し戸惑ってしまいます。

これらの情報が、少しでもアメリカで住んでおられる方々のサポートになれば、嬉しく思います。

尚、排ガステスト、タグの更新のそれぞれに掛かる費用ですが、私の住んでいる州では、各々、大体20-25ドルくらいになります。

日本の車検と比べると、かなり安価ですね。

また、アメリカは車検がないため、マイカーのメンテナンスは、ご自身で意識して、計画的に行う必要があります。

ボロボロのアメ車

ディーラーでの定期メンテナンスや、メーカー推奨に沿ったオイル交換、日常的なタイヤの溝チェック、バッテリーの残量チェック等、日常のメンテナンスを怠らないように気をつけましょう。

アメリカは、場所によっては日本のように治安が良くないため、路上での故障などは、身の危険にも直結します。

念には念を。ということで、前もってメンテナンス等を行うようにしましょう。

中古車販売のガリバーさんが、ホームページで参考になる情報を紹介されていました。

下記にてリンクを貼っておきますので、ご参考にしてください。

「車検がない!?アメリカでのお車のメンテナンス」 | ガリバーインターナショナル USA ブログ
海外生活(駐在や留学)で特に米国(アメリカ)ですと、多くの場合で車が必要になります。主に日本人の方々が住まれる地域(例えば、サンフランシスコ、ロサンゼルス、アーバイン、シカゴ、アーリントンハイツ、ニュージャージー、ニューヨークのマンハッタン以外のエリア)では必ず車が必要と言えるでしょう。 ここでは、お車の購入に関して少...

以上、今回は、アメリカに車検という制度があるのか、ないのか、またエミッションテストとは何で、どこで受けることが出来るのか、またそれらの仕組みや料金について、ご紹介させて頂きました。

最後まで、この記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。

下記の「ダンベル」、または「筋肉」を押して応援して頂けると、とても励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

アメリカで筋トレするブログ - にほんブログ村

さいごに、ユーチューブ「ゆのゆわUSAチャンネル」の登録も、よろしくお願いします。

ゆのゆわUSAチャンネル
こんにちは‼︎ ゆのゆわUSAにお立ち寄りいただきありがとうございます!! アメリカ在住Yuno(7さい)、Yuwa(5さい)です! 2019年4月から家族でアメリカに住んでいます。 アメリカ生活、旅行の動画がメインのチャンネルになります。 動画撮影、編集共に初心者ですが、試行錯誤しながら日々チャレンジしています...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました