アメリカの警察の種類を徹底解説。ポリスとシェリフ、警察官と保安官の違いについて。

アメリカ生活(Life in U.S.)
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

アメリカで生活する上で、必ず知っておいた方が良い情報の一つとして、警察に関する仕組みがあります。

車を運転していると、良くポリスと書かれた車や、シェリフと書かれた車が走っていたりして、そもそも違いは何?と感じたことはないでしょうか。

本日は、アメリカの警察の仕組み、及びそれぞれの役割や名称の違いについて、説明いたします。

この記事が、みなさまのお役に立てば、嬉しいです。

【アメリカのフィットネスモデルが愛用するお腹の脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

アメリカの警察の種類

アメリカの警察は、連邦、州、地方の各レベルで様々な組織に分かれており、それぞれ異なる役割や権限を持っています。以下に、主なアメリカの警察組織の種類とそれらの違いについて説明します。

  1. 連邦捜査局(FBI):
    • 役割: 連邦政府の主要な法執行機関であり、テロリズム、国家の安全保障、組織犯罪、サイバー犯罪などに対処する。
    • 権限: 全米規模で捜査を行い、他の連邦機関と連携して犯罪の捜査と防止に従事する。
  2. アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS):
    • 役割: 国土の安全保障に焦点を当て、国内のテロリズム、移民、国境の問題などに対処する。
    • 権限: 国土の安全保障に関連する事項を扱い、様々な機関や局が組み合わさって形成されている。
  3. アメリカ合衆国憲兵隊(U.S. Marshals Service):
    • 役割: 逃亡犯の追跡や裁判所のセキュリティなどを担当し、司法制度の円滑な運営を支援する。
    • 権限: 逃亡者の逮捕、連邦法廷の警備、刑務所の運営などに携わる。
  4. 州警察(State Police/Troopers):
    • 役割: 各州で法執行活動を行い、主に高速道路や州内の広域な地域での巡回および緊急対応を担当する。
    • 権限: 州の法執行機関として、一般の犯罪対策や交通違反の取締まりを行う。
  5. 地方警察(Local Police):
    • 役割: 特定の都市や地域で法執行活動を行い、一般の犯罪防止や市民の安全確保に焦点を当てる。
    • 権限: 主に地方自治体に属し、地元の法執行に従事する。通常は警察署として知られている。

これらの警察組織は協力して連邦、州、地方の法執行活動を支えており、それぞれ異なる範囲と任務を持っています。彼らは連携して犯罪の取り締まりや市民の安全確保に努めています。

アメリカの警察は、怖いイメージがありますよね。なるべくお世話になることがないように、運転時は速度違反などに注意しましょう。

【アメリカのフィットネスモデルが愛用するお腹の脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

シェリフとポリスの違い

  1. シェリフ(Sheriff):
    • 役割: シェリフは主に郡(カウンティ)単位で法執行活動を担当する。彼らは郡内の広範囲な地域で様々な法執行機能を提供し、郡全体の治安を維持する責任がある。
    • 選出: シェリフは選挙で選ばれることが一般的であり、選挙によって郡の住民からの信任を得て法執行を行う。
    • 権限: シェリフは通常、法執行機関の長であり、郡内の町や都市に対しても法執行権限を有している。
  2. ポリス(Police):
    • 役割: ポリスは主に都市や町などの特定の地域で法執行活動を行う。都市警察は通常、地元の市政府に属し、その地域内での治安維持や犯罪対策を担当する。
    • 選出: ポリスチーフや警察署の長は通常、市政府や市議会によって指名または雇用され、選挙による選出は一般的ではない。
    • 権限: ポリスは特定の地域において法執行権限を有し、その地域内での治安維持や犯罪の取り締まりを行う。通常、都市の境界内での法執行活動に焦点を当てている。

シェリフとポリスは地域の規模や行政構造によって異なる役割を果たしており、シェリフが主に郡全体で広範な権限を有し、ポリスが都市や町などで局地的に法執行活動を行うことが一般的です。

私はアメリカに来て、これらの違いをはじめは理解できておらず、よく友人などにも聞かれていました。

一度覚えてしまうと、難しい違いではないですね。

【アメリカのフィットネスモデルが愛用するお腹の脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

警察官と保安官の違い

  1. 警察官(Police Officer):
    • 役割: 警察官は一般的に都市や町、特定の地域で法執行活動を担当する。市警察や地方警察署などの組織に所属し、犯罪の取り締まりや市民の安全確保に従事する。
    • 訓練: 警察官になるためには、特定の法執行機関での訓練を受ける必要があり、訓練プログラムや基準は組織によって異なる。
  2. 保安官(Marshal/Sheriff’s Deputy):
    • 役割: 保安官はシェリフの組織や連邦捜査機関などに所属し、シェリフや憲兵隊と協力して法執行活動を行う。彼らは主に郡や特定の地域でシェリフの補佐として機能する。
    • 権限: 保安官はシェリフの指揮の下で働き、特に逃亡者の逮捕や法廷の警備など、シェリフの業務を支援するための権限を持つ。

警察官と保安官は、所属組織や役割において異なる位置にあります。警察官は通常、都市や町などの局地的な法執行機関に属し、一般の犯罪対策や市民の安全確保に焦点を当てます。一方で、保安官はシェリフの組織や連邦捜査機関に所属し、主に補佐的な役割を果たしています。

【アメリカのフィットネスモデルが愛用するお腹の脂肪燃焼クリーム】

Amazon.co.jp

以上、如何だったでしょうか。

この情報が、少しでも多くの方のお役にたてば、嬉しい限りです。

最後まで、この記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。

下記の「ダンベル」、または「筋肉」を押して応援して頂けると、とても励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

アメリカで筋トレするブログ - にほんブログ村

さいごに、ユーチューブ「ゆのゆわUSAチャンネル」の登録も、よろしくお願いします。

ゆのゆわUSAチャンネル
こんにちは‼︎ゆのゆわUSAにお立ち寄りいただきありがとうございます!!アメリカ在住Yuno(9さい)、Yuwa(7さい)です!2019年4月から家族でアメリカに住んでいます。アメリカ生活、旅行の動画がメインのチャンネルになります。動画撮影、編集共に初心者ですが、試行錯誤しながら日々チャレンジしています!アメリカ在住歴...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました