アメリカのジョージア州は、日曜日の午前中はお酒を買えません!

アメリカ生活(Life in U.S.)
スポンサーリンク

皆様、こんにちは。

本日は、アメリカのジョージア州におけるアルコールの販売規制について、ご紹介致します。

飲み物, アルコール, カクテル, アルコール依存症, ガラス, 飲料, 祝賀会

スポンサーリンク

日曜日は12時半までお酒の販売禁止

外, 道路, ストリート, スペース, 環境, 夏, ビール, アルコール

先日、日曜日の午前中にアジア系スーパーで買い物をしていると、セールで日本のビールが1本当たり80¢ほどで販売されていました。

アメリカは、比較的、日本よりもお酒が安いのですが、日本のビールがアメリカで安く買えるのは、とてもお得感があります。

私は、無意識にビールのケースを買い物カートに入れて、その他の買い物を済ませて、レジに並びました。

そして、レジでお会計をしようとすると、「We can’t sell alcohol in Sunday morning.  」と言われて、ハッと気付きました。

そうです、、、アメリカのジョージア州では、日曜日の12時半まではお酒の販売は禁止!なのです。

ストリート, 道路, 空, トラフィック, サイン, 青空, 事業, 外

クローガーでは、空のカートで通路を塞いで、お酒の販売コーナー自体に入れないようになっています。

また、トレジョでは、お酒の販売コーナーにロープを張って入れないようにしてあります。

一方、先日訪れたアジア系スーパーでは、そういった区切りがされておらず、すっかり忘れてしまっていました。

せっかく、一緒に買ったサンマやステーキを炭火で焼いて食べながら、ビールを飲もうと思ったのに。。

アメリカは、何歳からお酒を買えるの?

グラッパ, ボトル, お酒, 留, Mugo松, 松ぼっくり, 調味料, 酵母

アメリカのジョージア州は、21歳からお酒を買うことができます。

私が調べた限りでは、アメリカの他の州においても、21歳からお酒を買うことができます。

以下、ウィキペディアに州ごとのお酒の販売規制、及び何歳からお酒を買えるのか。といった情報がまとまっています。

List of alcohol laws of the United States - Wikipedia

運転の免許など、日本と比べると若くから色々なことが許されているイメージのあるアメリカですが、お酒に関しては、厳しいイメージです。

筋トレする人もお酒を飲んでいいの?

お酒が好き!だけど、筋トレも好き!という方にとって、とても興味のある疑問。

「お酒を飲むと、筋肉に悪いの?」

「筋トレをやっても、意味ないの?」

「どれくらいの量だと、飲んでも大丈夫なの?」

私もその一人でして、調べた結果、「お酒は飲んでも大丈夫」という結論に至りました。

こちらでまとめていますので、興味がある方は、ご覧ください。

また、低カロリーで、筋肉への影響が少ない、アメリカで若者を中心に大人気のビールについても、ご紹介しています。

以上、本日は、私の先日の実体験を踏まえて、アメリカのジョージア州は「日曜日の12時半まではお酒を買えません」という内容をご紹介させていただきました。

本日も、最後までこの記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。下記ボタンを押して応援して頂けると、とても励みになります。ありがとうございました!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

さいごに、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

最高に役立つ筋トレ・アメリカ生活の情報を発信するブログ - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました