知っておけば安心!アメリカの小学校でトイレに行きたい時にするサイン!

アメリカ生活(Life in U.S.)
スポンサーリンク

皆様、こんにちは。

本日は、「知っておけば安心!アメリカの小学校でトイレに行きたい時にするサイン!」と題しまして、アメリカの小学校でトイレに行きたくなった時に、先生に出すハンドサインについて、ご紹介します。

先日、「Knock on wood」や、「 fingers crossed」について記事を書きました。

こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

fingers crossed のもう一つの意味

記事を書いたついでに、こどもたちに「 fingers crossed」のサイン知ってる?と聞くと、「トイレのサインやん!」と言われました。

外国人がよく使うハンドサインの意味わかる?人差し指や中指をクロスしてハンドサインの種類を覚えよう | English  Lab(イングリッシュラボ)┃レアジョブ英会話が発信する英語サイト

え??

トイレ???

先のブログでも書きましたが、私は「幸運を祈る、願掛け」のサインだと認識していたので、???です。

ハンドシグナル

先生, 学ぶ, 学校, 教える, クラスルーム, 教育, 学び, 家庭教師

アメリカでは、先生がクラスをコントロールするために、共通のハンドサインを採用することが多いようです。

こどもたちも、それらのハンドサインを用いて、授業中に先生の話を邪魔することなく、自分の気持ちや、用事を伝えるようです。

こどもたちが通っている学校では、 「 fingers crossed」 のハンドサインが、「トイレに行きたい」というサインになっています。

先生が話をしている最中に、声を掛けて授業を中断することなく、先生にトイレに行きたい!ということを伝えられるようです。

その他にも、アロハポーズ(グーの状態から、親指と小指のみ伸ばしたサイン)は、同意(Me too)という意味を表すとのこと。

特に、算数の時間に、「私もその答えに同意」という合図を送るのに、このアロハポーズを使うとの子tです。

とても興味深いですね。

質問がある場合は、日本と同じで、手をパーにして、手を上げれば、質問したいという意思表示になります。

トイレは一人で行かない

アメリカで授業中にトイレに行く際は、一人では行けません。

必ず、誰かクラスメートと一緒に行きます。

こどもたちのクラスでは、先生が一緒に行く相手を指定してくることもあるようです。

トイレの付き添いに選ばれてしまい、トイレが運悪く「大」の方だと、授業を長時間聞き逃してしまうこともあります。

日本には馴染みがない決まりですが、そのまま生徒が授業に帰ってこないことなどを防ぐためのルールだと思われます。

I need to go potty.

子供, 学校, 感情, 地球, 学校, 学校, 学校, 学校, 学校

アメリカの幼稚園の中でも、プリスクールや、プリKなどでは、トイレに行きたい際は、「 I need to go potty 」と言います。

アメリカに来て間もない頃、こどもが「 I need to go potty 」という言葉を覚えて帰ってきて、家で言っているのを聞いて、「 I need to go party」にしか聞こえず、「何のパーティー行くの?誕生日会?」と思ったことが、懐かしく感じます。

アメリカに来て、これからこどもをプリスクールや、プリKに通わせる場合は、事前に教えておいてあげると、少し安心ですね。

以上、いかがだったでしょうか。

本日は、 本日は、「知っておけば安心!アメリカの小学校でトイレに行きたい時にするサイン!」と題しまして、アメリカの小学校でトイレに行きたくなった時に、先生に出すハンドサインについて、ご紹介しました。

この記事が、アメリカで子育てされる方の少しでもお役に立てば、うれしいです。

本日も、最後までこの記事を読んで頂き、本当にありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。下記ボタンを押して応援して頂けると、とても励みになります。ありがとうございました!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

さいごに、下記からフォロー頂ければ、今後の新しい記事についても、お見逃し頂くことなく、お読みいただくことが出来ます!

最高に役立つ筋トレ・アメリカ生活の情報を発信するブログ - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました